カーナビ

ナビ込みの査定額の場合も多い

カーナビを搭載している車は、非常に多くなりました。
また、非常に低価格になったのもあり、プラス査定になっても数万円です
多くの場合、査定士のさじ加減というのが実情です。
ダッシュボード上などに後付で付けたカーナビは、プラス査定にはならないです。

カーナビと言っても、値段もピンキリです。
高いものは30万円以上しますし、安いものは数万円です。

車を買い替える方は、カーナビの乗せ換えを考えて、査定額が変わらないのであれば、外して売ろうと思う方が多いと思います。
査定士に聞くと、当然カーナビがある方が売れやすいとの事。

ナビ込みで査定額を出されている場合があります
カーナビを外して車を売りたい場合は、トラブルにならないために、その旨を伝える事をお勧めします。
査定額への影響を見て決めたい方は、どのくらい査定が変わるかを査定士に聞いてみるのが一番です。
多くの場合、カーナビ込みでの査定なので、いくぶんかマイナスになる場合が多いです。

乗せ換えの工賃は高い

カーナビの乗せ換えには、壊れた時の保証料を含め3万円近く費用がかかります。
テレビ用に、ガラスに張るフィルムアンテナは、剥がすと使えなくなるので、新規にフィルムアンテナの費用を取る所もあります。
筆者的には7年近く前のカーナビであれば、どんなに良いものであっても乗せ換えず、新しいものを購入した方が良いのではと思います。
今はディーラーでも、カーナビ、バックカメラ、工賃込みで8万円等で出来る時代です。