実家に帰省し、両親と旅行に行っていると無謀な運転をしている我輩が目につきます。
特に高速道路を走ると以下のような車に必ず出くわします。
・ピッタリ後ろに張り付き煽る車
・方向指示器を出さずに車線変更する車

もしもの場合に、ドライブれ~コーダーをつけよう

今やドライブレコーダーは1万円以下の商品もたくさんあります。

ドライブレコーダーには大きく以下の2つの録画タイプがあります

・常時録画するタイプ
・振動を感知して、感知した前後の何秒かを録画するタイプ

どちらがおすすめかと言われれば、常時録画のタイプです。
シンプルで分かりやすいのが理由です。
液晶画面で録画マークが出ますし、動作しているかが分かりやすいです。
事故まではいかないけど、迷惑運転の車もバッチリ録画されます。

取り付けも簡単

商品により細かくは異なりますが、だいたい以下の手順です。

1.フロントガラスに吸盤を付け取り付ける
2.吸盤にドライブレコーダーを取り付ける
3.ドライブレコーダーの電源をシガーソケットに刺す

以上で完了です。
SDメモリカードに保存するタイプがほとんどなので、試し撮りして録画されているかを確認しましょう。
なお、シガーソケットは、エンジンを掛けた際に電源が供給されます。
(正確にはアクセサリ電源なので、エンジンを掛けて無くてもACCモードにすれば電源は供給されますが、最近の車はプッシュスタートでACCモードがない車もあるので、エンジンを掛けた際に録画が開始されると考えて間違いないです)

事故した際の証拠になる?

事故を起こし、裁判にまで発展するということは、お互いの主張が食い違っているということです。
裁判は、証拠を元にして争われます
相手と意見が食い違っている場合、言葉だけの主張では、証拠として弱いです。
ドライブレコーダーは証拠の1つとして、とても有効です。

信号無視や、一時停止無視などドライブレコーダーの映像が威力を発揮します。

裁判まで行かなくても、警察に説明する際にお互いの主張が食い違っている場合は、ドライブレコーダーの映像の提出が求められることがあります。

まとめ

ドライブレコーダーは、ここ数年で1万円以下の商品が多く価格が安くなりました。
万が一、事故にあった場合の保険と考えれば安い投資です。

ドライブレコーダーを付けると、無茶な運転をしないような心の抑止力にも私はつながっています。
1万円以下のドライブレコーダーで良いので1台に1つ、装着されることをおすすめします。