MPV

走りも楽しめるミニバンのマツダ「MPV」。
ミニバンなのに8人乗れるので、マツダ車でファミリーカーを考えた場合にMPVを選ぶ方が多かったです。
しかし、惜しまれながらも2016年3月に販売終了しました。
国内ではミニバンは人気はありますが、海外ではSUVが人気が高いたです。
世界市場を考えて、ミニバン→SUVへマツダは舵をきっています。

売却相場は、年式が2008年で30万円~90万円、2006年で0円~50万円が売却相場です。
9年目、11年目の車検の前に売るという方が多いです。
MPVは、同じ年式でも中古車の価格に差が大きく、様々な車の中古車市場を考察していますが珍しいです。

お店による買取額の差が大きいため、少しでも多くの買取店に査定をしてもらうのが高値で売るポイントとなります。

MPVの売却相場表

カーセンサーの中古車の販売価格です。
車を売る場合は、中古の販売価格から-30万円~-50万円と考えれば間違いないです。

高く売るには、ガリバーやラビットなどの大手の査定が 無料で比べられる「ズバット買取比較」を利用すると高く売れます。

ズバット買取比較へ

↓クリックで、カーセンサーの中古車相場表を表示します。
MVP中古車相場

中古車相場表から分かるのは、流通しているタマ数は多くないです。
そして11年目の車検前に売る人が最も多いことが分かります。

11年目の車検前に売る人が多いので、詳しく書きます。
上記の相場表より11年落ちの場合、中古車の販売価格で30万円という価格が最も多いことが分かります。
ということは、買取額は30万円マイナスと考えると査定額が付かないという場合が多いです。
そのため、ディーラーでの下取りも併用して考えるのが良さそうです。

ファミリーでの使用が多いので、内装の汚れが酷かったり外装の傷が多かったりすと査定額が付かない可能性が高いです。

綺麗に乗っている、走行距離が少ない場合は、迷わず「ズバット買取比較」を利用して、査定額をつけてくれるところがあるか確認しましょう。
車の状態による査定額の差が大きいため、正確な料金は必ず出張査定をしてもらいMPVの査定額を出してもらいましょう。

ズバット買取比較へ

まとめ

時代の流れかマツダはミニバン市場から撤退するので、それに合わせてMPVの中古車のタマ数も少なくなっていくでしょう。
11年近く乗った方で査定が付かない場合は、もう1、2回車検を通して乗り潰すのもありです。

乗り換えを検討している方は燃費や小型車にしたいという方が多いと思うので、ライフスタイルを考えて乗り潰すか、乗り換えるかを考えるのが良さそうです。