車を高く売る一番の方法は個人売買です。
そして、個人売買の中で、手軽に利用できるものとしてヤフーオークションがあります。

では、ヤフーオークションでのトラブルはないのでしょうか?
今回は注意点やトラブル事例などを紹介します。

注意点

車販売業者も参入

ヤフーオークションで売られている車の多くは業者の出品によるものです。
試しに「フィット」と入力し出てきた車の出品者の名前をクリックすると以下のように複数台の車を出品しています。

ヤフオクでの車の売買

販売業者は、手厚いサービスで販売しています。
陸送手配や、室内のクリーニング済みで、現車確認・試乗も受け付けてくれることが多くサービスは中古屋と変わりありません。

個人の販売でどこまでサービスを向上できるか?が課題となります。
例えば「現車引取のみ」と「現車引取、または格安で陸送手配承ります」と記載があった場合、どちらが魅力的に映るでしょうか?
また書類手続きなどもにも業者は精通しており、適切なアドバイスや手数料払えて代行してもらえます。
個人でそれらをやるとなると、手間がかかります。

価格は以外と安い

業者は主に「修理歴あり」の車をヤフーオークションで販売しているため、価格が非常に安いです。
「修理歴あり」の車は店頭に置いていても敬遠されがちなため、ヤフーオークションにも出品し、販売経路の1つとしていると考えられます。

「修理歴あり」のため市場価格よりも相当安く価格設定されており、オークションのタイトル(出品名)には「修理歴あり」とは記載されていないため、非常に魅力的に安く見えます。
タイトルをクリックして車の詳細ページを見ると「修理歴あり」の記載があり、そこではじめて「修理歴あり」と分かります。

個人で車をヤフーオークションに出品した場合、「修理歴あり」の車とパ価格比較される可能性があることを覚えておきましょう。
安い価格に合わせて安く出品すると、そもそもヤフーオークションで売買する意味が薄れてきます。

トラブル事例

知恵袋で調べたトラブル事例をまとめました。

名義変更されずトラブルに!
ヤフーオークションを車を売り、受渡しや入金はスムーズに終わりました。
しばらくして、ある日警察から駐車違反の連絡が来ました。
思い当たることがないので、警察署にいくと売った車の名義変更がされていませんでした。
購入者とも連絡がとれず、住所も不明になっていました。

引き渡し後にクレーム
引き渡し後に、キズや故障があったので一部返金して欲しいとの連絡がありました。
ノークレームを条件に売った旨を伝えると、オークション出品時にキズや故障が書かれていなかったと反論されました。
故障は、引渡し時はなかったので、その旨を伝えましたが、相手からの連絡がしつこく面倒だったので結局5万円返金しました。

落札後にキャンセル
落札後にお金を分割で払えないか打診があり、何度かやり取りし、最終的にローンはご自身で組んでくださいという回答をしたらキャンセルしたいと連絡がありました。

現車を見たいと言われた
出品時に現車を見たいと言われ、落札期間を伸ばしました。
現車を見て、色々質問され最終的には購入に至りませんでした。
こちらは土日の貴重な時間を提供しているので、対応するのが面倒でした。

まとめ

ヤフーオークションでの車売却は、ここ2、3年前から中古車業者も積極的に参入し、競争が厳しくなっています。
高く売れる可能性もある反面、手間もかかるというのが調べてわかったことです。

マーケティング業界でささやかれている「安い店ほど客質が悪くなる」ということがヤフーオークションでも当てはまりそうです。
買う側の立場になると、車は中古でも高い買い物なので、故障やトラブルを考えてヤフーオークションで車を買おうという気持ちには、なかなかならないです。

もしヤフーオークションで車を売ろうと考えているなら、トラブルになることも想定して出品することが必要です。
支払い方法、名義変更、キズの有無等を詳しく書きましょう。

私は、トラブル対応や時間を取られるのが嫌なので、ヤフーオークションよりは売却額下がるかもしれませんが、ネットも無料一括査定サービスを利用する派です。