残クレ

残価設定型クレジット(残クレ)中の車を売却したいという方向けに売る方法を解説します。

売ることは可能

結論から言うと「残クレ中でも売ることは可能」です。
残クレで購入した車の「所有者」はディーラーまたは販売店・ローン会社になっています。

所有者が分からない場合は、車検証を確認してください。
車検証の「使用者」の項目はあなたになっているはずですが、「所有者」の項目はディーラー等になっています。

売るのはローンが残っている車と同じ


車を売却するためには、ディーラー等の「所有者」をあなたの名義に変更した後に売却することができます
従いまして「所有者」をあなた名義にしない限り勝手に売ることは出来ません
所有者を変更するには、残価と分割の支払い分を一括で返済する必要があります。

残クレ途中だから特別ということはなく、通常のローンで車を買ったときと変わりありません。
所有者変更の手続きは買取店でやってくれるので、書類上の心配は必要ありません。

売るための条件

残クレ

残りの残クレの残価+分割支払いの残金を一括で全額支払うのが条件となります。
そのお金は、車の売却額から相殺できます。

例えば残クレ+分割の残りが100万円、車の売却額が120万円だった場合、
120万円-100万円=20万円が手元に入ります。
もし残クレ+分割の残りが100万円、車の売却が80万円だった場合、
20万円を払い完済する必要があります。
別途ローンを組み直すことも出来ますが、審査があります。

少しでも高く売ろう

残クレはディーラーでの買取を前提に価格が設定されているため、車の一括査定を利用すればディーラーより高く売ることが出来ます。
つまり、高く売ることで手元の資金の持ち出しを防ぐことが可能です。

車の車種や状態により査定額は変わるので、一概にいくらのお金が手元に残るとは言えませんが、少しでも高く売ればそれだけ負担が少なくて済みます。

もし車を売る場合は、ガリバーやカーセブン・ラビットなどの大手を含む無料一括査定サービスを利用しましょう。
おすすめは「ズバッと買取比較」です。

ズバッと買取比較

ローンの借り換えは時間がかかる

もし、査定額が低くいくらか支払わないといけない場合、手元にお金がないならローンの借り換えという手もあります。
新たにローンを組み、一括で残クレのローンを繰り上げ返済します。

一見良さそうですが、審査は時間がかかるので余裕を持って行動しましょう。