アトレーワゴンは、ハイゼットを乗用車にしたバージョンで、テレビCMなどの積極的な販売活動は行われておりませんが、一部の方からは人気の高い車です。
エンジンを運転席の下に配置し、後部座席や荷物スペースが軽自動車とは思えないぐらい広く、車中泊車などとしても人気の高いです。

アトレーワゴン

売却相場は、年式が2010年で50万円、2011年で60万円、2012年で70万円が相場です。
上記は平均相場なので、グレードが高かったり走行距離が少ない、装備によっては場合は、平均相場より高い査定が期待できます。

アトレーワゴンの売却相場表

カーセンサーの中古車の販売価格です。
車を売る場合は、中古の販売価格から-30万円~-50万円と考えれば間違いないです。

高く売るには、ガリバーやラビットなどの大手の査定が 無料で比べられる「ズバット買取比較」を利用すると高く売れます。

ズバット買取比較へ

↓クリックで、カーセンサーの中古車相場表を表示します。
アトレーワゴンの中古車価格

アトレーワゴンの売却価格の考察

軽自動車は税金を含めた維持費の安さから人気があります。
同じダイハツのタントやウェイクと競合しそうですが、ターゲット層が違うため独特のポジションを築いています。
外観は2005年から、ほとんど変わっておらず、軽自動車のバンの中では迫力があります。
売却価格は2007年の10年落ちでも20万円~30万円で売れるので、非常に高いです。

人気のない車であれば10年落ちは値段が付かないか処分代がかかりますが、 アトレーワゴンであれば10年落ちでも売る際に値段がつきます

外観が大きく違う2004年モデルより前は査定がつかない車が多くなるので、車を買い換えるならディーラーで下取りに出した方が良いです。

高年式の中古車のタマ数をみると、2年~3年落ちの車が非常に少ないです。
(1年落ちの中古車の台数は多いですが、ディーラーの販売ノルマ等による自社登録の車と思われます。)

4~8年落ちはそれほどタマ数は多くなく、9年落ちになるとタマ数が増えます。
9年目の車検の前にアトレーワゴンを売却する方が多いのが伺えます。

まとめ

アトレーワゴンは9年目の車検の前に売っても、約30万円の査定がつくなど 非常にリセールバリューの高い車です。
荷台の広さを重視した車で設計も古いため実燃費は平均10キロ~12キロと今のエコカーと比べると決して良い燃費ではないですが、デメリットを補うぐらいのスペースの広さがあります。
エンジンもパワフルで、ライバルのエブリイワゴンやバモスよりも出だしがパワフルと評価する方が多いです。

なお、せっかくの 愛車を売るなら査定額を比べて少しでも高いところに売ることをおすすめします。
売却相場を把握して、不当に低いところに愛車を売るのは避けたいものです。

ズバット買取比較へ