中古車の売却価格は、需要と供給で価格が決まります
中古車の需要が多くなる時期を知れば、高値で売却する事が可能です。
車売却の需要期

需要が高まる月

・4月
・6月
・9月
・12月

高く売却するには、上記の需要期の2ヶ月前ぐらには査定に出すのが望ましいです。
なんだかんだで、売却するまでに手続き等を入れると1ヶ月近く要する事が多いです。

需要期の詳細

需要期の中でも4月が一番需要があるため、高く売れやすいです。
2月ぐらいから買取店で最も高値が期待できます。

なぜ、4月は需要があるかというと、以下の2点があります。

・新生活が始まり車が必要になる
・会社の決算月は3月が多く、あまった経費で中古車を買う

9月は、以下の2点です。

・下期の始まりで転勤などの新生活が始まり、車の需要が増える
・会社の中間報告で、余った経費で中古車を買う

6月、12月は、会社のボーナスが支給されるので、中古車を買う人が増えます。
ボーナス

高級車は法人での購入が多い

中古車ディーラーや、ディーラー販売店から聞いた話ですが、高級車を買うお客さんは、法人購入(会社の経費で購入)が多いとの事です。

ベンチャーや自営業の方などは、会社のお金で車を購入します。
会社名義で車を買えば、経費で落とせるため、節税にもつながります。

従って決算前に、車を買う法人オーナーの方が多く4月前は需要が高まります。

モデルチェンジ前に売ろう

モデルチェンジの情報は、ネットや雑誌で予想記事が事前にでるので、もし売ろうとしているなら、その情報をつかんだ時点で、行動に移した方がよいです。

モデルチェンジをすると、どうしても1つ前のモデルは少し古くさく見えてしまいます。
中古車市場も価格がガクッと下がるので、要注意です。

如何でしたでしょうか?
タイミングやモデルチェンジ情報をいち早くつかんで少しでも高く車を売却しましょう。

お勧めの無料一括査定サービスを、ぜひ活用して、1番高い所に売りましょう!