スタッドレスタイヤは、雨天の路面い弱く、ブレーキの制動距離も伸びがちです。
また、熱を持ちやすく夏の高速道路ではバーストしやすいです。
中には履きつぶすつもりであれば、夏にそのままスタッドレスタイヤにして、そのままタイヤ交換という方もいます。

夏はサマータイヤに交換し、スタッドレスタイヤは保管するのが一般的です。
そこで今回は、スタッドレスタイヤの保管場所の種類や料金概算について記載します。
タイヤ保管

タイヤ保管してくれる店舗

・カー用品販売店で保管する
・タイヤ専門店で保管する
・トランクルームを利用する
・レンタル倉庫を利用する

「タイヤ保管 地域名」でGoogle検索すると様々なお店が出てきます。
同じカー用品店でも、お店により、タイヤ保管サービスをしている所、していない所があるので、注意が必要です。

料金概要

タイヤ4本保管で、月額1,000円~1,500円が相場です。
タイヤのインチによって値段が異なったり、保管料は安いですが、出し入れで手数料を取る所などもあります。
トランクルームやレンタル倉庫よりも、カー用品店などの方が割安むので、まずは近くのカー用品店やタイヤ専門店を探すことをお勧めします。
トランクルームはタイヤ保管プランを専用に設けている所もあり、そういう所は安いです。

タイヤ買取も

スノボー等をもうしない、スタッドレスを履く機会が減っている場合は、思い切ってタイや買取をして、スタッドレスをお別れするのも選択肢の一つとしてありと思います。
タイヤ専門店では、中古のタイヤやホイールを買い取ってくれます。
3年以内であれば、まず値段付くと思いますので、近くのタイヤ専門店で見積もりをしてもらう事をお勧めします。

賃貸なら倉庫付きの所も

筆者はよく引っ越しする方ですが、倉庫付きの物件に何度か住んだ事あります。
古い賃貸で付加価値を付ける目的もあったのかもしれませんが、タイヤの保管も出来て便利でした。
また、ベランダが広い所もタイヤ保管出来ます。
もし、引っ越しの予定がある方は、倉庫やベランダが少し広い所を探すのも一つの手です。