車検切れ
車検が切れた車で行動を走らせると、道路交通法違反で減点6点と免許停止になります。
では、売却する事が出来ないかというと、特に問題なく売る事が出来ます

出張査定、引き取りが当たり前

友人に某大手の車買取店の社員がいます。
ここ最近は、ネットの無料査定サービスの利用が当たり前で、査定の7割は出張査定が占めるとの事です。
店舗に車を持ち込み、査定する方は少数派となりました。
出張査定⇒出張引き取りのお客様が多いので、その分がマイナス査定される事はありません。
家に居ながらにして、車を売れる良い時代になりました。

また、車検が切れた車の査定額がマイナスになるかと言えば、故障等でなければマイナスになる事はないとの事です。
車検切れで、売らなければと思い焦って売却すると、足元を見られて安く買いたたかれます。

売却の流れ

車検が切れた車の買取は、以下の流れになります。

1.ネットの無料査定サービスに申し込む
 その際に、車検が切れている事を備考欄に記載しましょう。
  ↓
2.メールや電話で、大まかな査定額を教えてもらう
  ↓
3.何社かに出張査定に来てもらう
  ↓
4.売却の連絡をする
  ↓
5.車を引き取りに来てもらう

仮ナンバーを取得する方法も

余談ですが、市役所等で仮ナンバーを申請すれば最大で3日間、仮ナンバーを取得し、公道を走る事が出来ます。
しかし、自賠責に入っている事や、事故した時の任意保険を短期でかけると割高となるため、お勧めはしません。

↓仮ナンバーは、斜めの赤線が入ります。
仮ナンバー

乗らない車は早目に売ろう

車を長い間放置すると、バッテリー上がりが起こります。
2ヶ月以上乗らない場合は、バッテリーの端子を外しておくことをお勧めします。

また、ガソリンが減った状態で冬などに長期間放置すると、タンク内で結露してタンクが錆びる事があります。
定期的に乗る方が、長持ちします。