自動車税は、4月1日に車を所有していた人が、その年度の1年分の税金を納める決まりです。

車売却で面倒なのが、3月に車を売却した場合です。
名義変更が間に合わなかったり、行われておらず、税金の納付書が届くという事が多々あります。
3月中に車を売る場合は、買取店から自動車税について、どちらが払うか等説明があると思います。
ない場合は、必ず聞くようにしましょう。

税金を加味した査定額

3月中に売却する場合、税金の支払いパターンは以下の2つのどちらかになります。
還付請求も出来ますが、通常は、以下の2つのどちらかで進めます。

査定額に税金分を上乗せ

税金分を含めた査定額で、税金の支払い所が届いたら支払ってくださいというパターンです。

査定額に含まない

税金の支払い書が来た場合は、買取店へ郵送してください、というパターンです。
私はコチラのパターンの方が多かったです。

真摯に対応してくれる所に売ろう

買取店によっては、3月に売却したのに自動車税について説明がない所もあるようです。
納付書が届いたので、問い合わせると「分からない」「査定額に含めていたので払ってください」と後付で説明される所も、残念ながらあるようです。

意地悪な話を言うと、査定額に税金分も載せておいたので、支払ってくださいという場合は、本当に査定額分に上乗せされているかはこちらが確認するすべはないです。
真摯に説明・対応してくれる方の所で売るのがお勧めです。

査定時に聞こう

車を高く売るには、無料一括査定サービスがお得です。
申し込む際は、備考欄に3月に売却した場合、自動車税の支払いはどうなるかを記載する事をお勧めします。
返信時・査定時に、自動車税について説明がない所には、売らない方が賢明です。

名義変更はいつ行われる?

中古車は、次の買い手が見つかった際に名義変更をする事が多いです。
もしくは、業者間のオークションで買取店が購入した際に名義変更します。
そのため、1ヶ月ぐらいは名義変更に期間を要する場合が多いです。